短期の予測ソースデータの閲覧と管理


短期予測ソース データの表示と管理ができます。予測着信コールやチャット、放棄コールやチャット、平均処理時間などに変更を加えて、必要に応じて短期予測を操作します。ただし、1 日を通じてシステムによりデータが収集され、インタラクションの量と平均処理時間の変化の様子が判断されるため、こういったデータを編集することは必要とされません。


予期せぬ状況により通常の日々の業務が影響を受ける場合、ソース データを変更できます。例:電気会社で重大な停電が発生した場合などは、サービス部門のインタラクションの予測数をその日の一部に関して大幅に増加させる必要がでてきます。システムがこの増加量に追い付くには数時間かかることがありますが、管理者はインタラクションの数を増加させ、これからの数時間の予測を変更することで、この状況に対処できます。


画像をクリック
詳細は、画像をクリックします。
ソース データと予測
予測名
ソースの日のツールバー
加重の列
ソースの日付の列
着信量の列
放棄量の列
平均処理時間 (秒) の列
加重平均予測グラフ

  1. 管理をクリックします。
  2. Under Workforce Management, click Short-Term Forecasts.
  3. 右上にある [管理ユニット] リストをクリックして必要な管理ユニットを選択します
  4. 新しい短期予測を作成するか既存の短期予測を開きます。予測エディターが開きます。
  5. [ソース データ] をクリックします。


メモ:PureCloud は、サービス目標グループで指定したキューとメディア タイプの組み合わせについて、過去の日々を検索します。サービス目標グループを定義していない場合、指定した日付に関する予測データがないことを示すメッセージが返されます。データを含まない日付を選択すると、[ソース データ] リストにその日付が含まれません。 
  1. [ソースの日を追加] をクリックします。
  2. 日付と年のリストまたは戻る矢印と前へ矢印を使って、予測を生成し直すために、データソースの日付を含む月と年を選択します。
  3. 保存をクリックします。


  1. 削除したいソースの日付の横のチェック ボックスを選択します。
  2. [ソースの日を削除] ボタンをクリックして、日を削除し、予測を生成し直します
  3. 保存をクリックします。


加重平均予測を表示

[ソース データ] ページの下部にある加重平均予測グラフに、[ソースの日] ツールバーで選択した日に基づく各予測の日付に関する情報が表示されます。ここには、メディア タイプ別の加重平均着信数と放棄数、平均処理時間を含めた、加重平均計算が表示されています。 グラフの上にマウスを置くと、特定の時間の予測詳細を確認できます。グラフにそってマウスを左右に移動させると、日付と時間に関するデータを確認できます。

加重平均予測データを変更

  1. [加重] 列で、変更したいソースの日付の横のチェック ボックスを選択します。
  2. 割合の矢印を使って、各メトリックのデフォルト値を上書きする変更の割合を設定し、予測を生成し直します
  3. 保存をクリックします。