メニューにジャンプのアクション


Use the Jump to Menu menu action to give callers the option of transferring immediately to a designated menu. This action can be used in menu choices and task sequences. When you use an action in a menu choice, Architect provides additional settings such as DTMF and speech recognition.

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

名前 説明
名前フィールド

アクションの示差的な名前を入力します。ここで入力するラベルはコール フロー構造に表示されるアクションの名前になります。

メニュー コールを転送する現在のコール フローに定義したいずれかのメニューを選択します。
新規メニューを作成 ボタンをクリックしてコールを転送する現在のコール フローに新規メニューを追加します。新規メニューが [再利用メニュー] 領域に表示され、ここでメニューに移動アクションで使用する追加メニューを構成することができます。
メニューに移動 [新規メニューを作成] をクリックするときに、このボタンが表示されます。[メニューに移動] をクリックして新しく作成された再利用メニューを開き、構成することができます。