シリーズ: 初級ユーザー向けの Architect チュートリアル

レッスン6:コールフローのデフォルト設定


正常に機能するコールフローを PureCloud 動物ケアに適用するための設計の大部分が完了したところで、このコールフローのデフォルト動作を確認してみましょう。このレッスンでは、いくつかのグローバル設定に変更を加えます。 

目的

  • メニューとアクションのタイムアウトの設定を選択します。
  • イベント処理の動作を設定します。
  • 信頼レベルとタイムアウトの動作を含む音声認識のデフォルトを設定します。

推定所要時間: 10 分

必要条件

追加リソース

コールフローのデフォルト設定を指定(製品シミュレーション)



Event Handling settings practice task 

L6Ex1

[メニュー]設定の練習タスク

L6Ex2

タスク

このセクションでは、アクションと音声認識のデフォルト動作を設定します。


最初に、[入力収集] アクションと [内線番号でダイヤル] アクションのタイムアウト設定を指定します。 これらのコントロールは、発信者が入力する各数字間の待機時間の長さを設定します。 入力収集の場合にのみ、定義されている失敗パスにコントロールを渡すまでに Architect が入力を待機する時間の長さを設定します。

  1. [設定] 領域を展開して [アクション] をクリックします。
  2. [デフォルトのアクション設定]設計領域で、[入力収集]のデフォルト設定を構成します:
    1. [入力収集]の[入力なしタイムアウト]3 秒に設定します。 
    2. [入力なし収集]の[数字入力中のタイムアウト]5 秒に設定します。
メモ:指定された時間内に入力が検出されない場合、Architect はフローを入力収集に失敗のパスに送ります。
  1. [内線番号でダイヤル]の[数字入力中のタイムアウト]を 3 秒に設定します。 

メモ:Architect が指定された時間内に入力を検出しない場合、Architect は発信者に [内線番号でダイヤル] アクションで設定されている再プロンプト コントロールに従ってプロンプトを提示します。


[練習] セクションで、イベント処理とメニューのデフォルト設定を指定します。今すぐ、音声認識に進みます。ここでは、このコールフローのグローバル音声認識の動作を定義します。

  1. [設定]領域で、[音声認識]を選択します。
  2. [音声の一般設定]はそのままにします。
  3. デフォルトのフローレベル スピーチ設定で、次の手順を完了させます。
    1. [最小信頼度] を 75 に調整します。 Architect は 75% 以上の信頼度スコアの発話語句を認識し、このレベル未満の語句は認識しません。 
    2. [完全一致タイムアウト] を 3 秒に設定します。 発信者が有効な音声入力をして発話を停止した後
    3. [不完全一致タイムアウト] を 2 秒に設定します。発信者が発話を停止し、発話された語句が無効の場合、発信者に対して一致結果が検出されなかったことを通知する前に Architect は 2 秒間待機します。
    4. デフォルトの [最大音声認識の長さ] はそのままにします。
  4. [無効またはあいまいな入力のプロンプト] のデフォルトのシステム プロンプトをそのままにします。音声合成エンジンが特定の一致結果を検出できない場合、Architect は発信者にこれらのプロンプトを再生します。


練習

ここでは、エラー処理とメニューの設定のデフォルト動作を設定します。


Architect のフロー内でエラーが発生した場合、PureCloud 動物ケアではコールをメイン メニューにループバックしたいと考えています。[設定] 領域で、[イベント処理] を選択し、次の手順を完了させます:

  1. コールをメインメニューに転送する間に発信者に待機するよう指示するテキストの合成音声(TSS)を追加します。
  2. [メニューにジャンプ]の処理を選択します。
  3. [メインメニュー]を選択します。


PureCloud 動物ケアでは、メニューのデフォルト動作を設定したいと考えています。[設定] 領域で、[メニュー] をクリックし、次の設定を選択します:

  1. メニューのデフォルト選択にコントロールが移る前に、メニューを 2 回再生します。
  2. オーディオの入力を繰り返す前に、発信者の入力を 8 秒待機します。
  3. [内線発信のリッスン]の設定はそのままにします。
  4. [内線番号ダイヤル用の最大遅延]を 1.5 秒に設定します。
  5. 作業を保存します。