フローの維持


Architect はフローの管理方法を数種類提供します。左上隅で、「保存] メニューを開く: 

  • フローを保存
  • フローの現在のバージョンをチェックイン
  • 現在のセッションで、加えたが保存しなかったすべての変更を破棄
  • フローの前のバージョンを元に戻す
  • 既存のフローをインポートまたは現在のフローをエクスポート
Note: You can also validate and publish or unpublish the flow. See the Suggested content.

保存

このアクションは現在編集するために開いているフローの内容を保存します。ただし、フローの「チェックアウト」が保持され、更に編集することができます。フローを変更するが、保存したくない場合は、[未保存の変更を破棄] を選択して最新の保存バージョンを再度読み込みます。

チェックイン

フローをチェックインは保存を行いますが、ステータスも変更されるのでフローはあなたによりチェックアウトされていません。あなたがフローをチェックインするときに、他の Architect エディターおよび管理者がそれをチェックアウトして更新します。チェックインしたフローをチェックアウトする場合、Architect はそのフローに新規バージョンの番号を作成します。

未保存の変更を破棄

フローに変更を加えるが、それを保存しない場合、このオプションを選択して最後に保存したフローのバ‐ジョンを再度読み込みます。

バージョンを元に戻す

変更を破棄し、最後に保存したフローのバージョンに戻ります。

  • [保存] ドロップ ダウン リストをクリックして [バージョン [X] に戻す] を選択します。

変更を破棄し、前のバージョンのフローを再発行します。

  1. [バージョン [X]] ボタンを選択します。[利用可能なバージョン] ダイアログ ボックスが開きます。 
  2. 再発行するバージョンを選択します。フローが新規タブで開きます。[エクスポート] ボタンをクリックしてエクスポートされたフローを分かる場所に保存します。
  3. オリジナルのフローで、次を実行します。
    1. [利用可能なバージョン] ダイアログ ボックスを閉じます。
    2. [保存] ドロップ ダウン リストをクリックして [インポート] を選択します。[フローをインポート] ダイアログ ボックスが開きます。
    3. [インポートする設定ファイルを選択する] をクリックして、エクスポートされたフローにナビゲートして、それを選択します。
    4. [インポート] をクリックし、次に [公開] をクリックします。

インポートおよびエクスポート

フロー構成をインポートおよびエクスポートすることができます。ファイルをインポートするときに、Architect はファイルを解析し、ファイルが含んでいる構成データの種類を判断します。与えられるプロンプトはインポートするファイルの種類によります。別のフローで使用するために、以前作成したフローの構成ファイルをエクスポートすることもできます。詳細については、クリックして適切なセクションを展開し、もう一度クリックしてそれを閉じます。

[インポート] コマンドはフロー構成をインポートします。フローのインポートは既存の構成とのマージは行いません。 あるフローの構成ファイルを別のフローにインポートする場合、Architect はインポート時にオリジナル フローの既存の構成を上書きします。フローをインポートするには:

  1. 新規フローを作成または既存のフローを開きます。
  2. フローを開いたら、[保存] メニューの一番最後にある矢印をクリックして [インポート] を選択します。[フローをインポート] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. ファイルを構成を選択してリンクをインポートし、インポートしたい .i3flow 構成ファイルにナビゲートします。
  4. [インポート] ボタンをクリックします。
  5. オプションで現在の構成を修正します。
  6. フローを保存します。

フローの構成ファイルをエクスポートすることができます。このタスクはあなたが以前にフローを作成したことを想定しています。

  1. Architect ホームページから、エクスポートしたいフローを開きます。
  2. When the flow opens, open the Save menu and select Export.  Architect saves the flow to your downloads folder.