フローの依存関係を表示


フローを開発するときは、時々、すべての部分の整合性を確認すると有益です。依存関係を見ることで、フローを構成するオブジェクト間のインタラクションおよびフローそのものを見ることができます。Architect はフローで使用されるオブジェクトの依存関係を追跡する機能をサポートします。あなたの役割にエディターおよび管理者権限が割り当てられている場合、フロー内にある依存関係のリストを管理することができます。

コール フローの [リソース] 領域で、[依存関係] を選択します。リソースのリストがページの右側にある [依存関係] ペインに表示されます。

メモ:プロンプト依存関係を表示するには、コール フローの [リソース] 領域で、[プロンプト] を選択します。変数データのリストがページの右側にある [プロンプト] ペインに表示されます。

[依存関係] ペインには以下の列が含まれます。

説明

名前

リソースに表示されるユーザーが入力した参照名。

タイプ

フローに関連付けられたリソース オブジェクトの種類を表示。種類には以下が含まれますが、これらに限定されません:インバウンドまたはアウトバウンド フロー、キュー、ユーザー、言語スキル、画面ポップ スクリプト、Bridge アクション、ラップアップ コード、および voiceXML 操作。

利用先

フロー内でリソースが使用される場所、または場所の番号。各インスタンスはリンクで表示されます。リソースが設定されているフローの領域に移動するには、以下を行います:

  1. [利用] リンクをクリックして [利用] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [場所] の列で、リソースに関連する希望のリンクをクリックします。