Polycom VVX 電話のプロビジョニング情報を手動で設定


電話を設定して、PureCloud Edge に保存されている電話設定を検出する最も一般的な方法は、電話で DHCP を有効にする方法です。 詳細は、Edge から電話設定を検出できるよう、電話で DHCP を有効にするを参照してください。

また、Edge から設定を取得して、電話機で 3 つの設定を手動で設定することも可能です。

  • DHCP 起動サーバーを静的に設定する
  • [サーバーのプロビジョニングのタイプ] を [HTTP] に設定する
  • [サーバー アドレスのプロビジョニング] をプロビジョニング URL に設定する

メモ: 電話のプロビジョニングでは、PureCloud で Polycom VVX の基本設定が行われている必要があります。
  1. DHCP 起動サーバーを静的に設定する:
    1. [ホーム] ボタンを押します。
    2. 右矢印を 5 回押して [設定] を表示します。
    3. 2 を押して [詳細] を開きます。
    4. 管理者パスワードを入力します。
      (デフォルト = 456、または、PureCloud で前にプロビジョニングされている場合はデフォルト = 1234)
    5. 1を押して [管理者設定] を開きます。
    6. 1を押して [ネットワーキングの設定] を開きます。
    7. [選択] ソフト キーを押して、[サーバーのプロビジョニング] メニューに入ります。
    8. [選択] ソフト キーを押して、DHCP メニューに入ります。
    9. [編集] ソフト キーを押して、[サーバーの再起動] メニューに入ります。
    10. 左右の矢印を使用して、[静的] を選択します。
    11. [OK] ソフト キーを押します。
    12. 下向きの矢印を使って、[BootSrv のタイプ] へ進みます。
    13. [編集] ソフト キーを押します。
    14. [文字列] を選択します。
    15. [OK] ソフト キーを押します。
    16. [メニュー] ボタンを押して終了します。
    17. [設定の保存] で [はい] のソフト キーを押します (プロンプト表示された場合)。
  2. [サーバーのプロビジョニングのタイプ] を [HTTP] に設定する:
    1. [ホーム] ボタンを押します。
    2. 右矢印を 5 回押して [設定] を表示します。
    3. 2 を押して [詳細] を開きます。
    4. 管理者のパスワードを入力します。
      • (デフォルト = 456、または、PureCloud で前にプロビジョニングされている場合はデフォルト = 1234)
        メモ:電話管理コンソールで、デフォルトのパスワードを変更できます。[管理] > [テレフォニー] > [電話の管理] > [基本設定] > (電話モデルを選択) > [電話の設定] > [一般] > [管理者パスワード] に移動します。
    5. 1を押して [管理者設定] を開きます。
    6. 1を押して [ネットワーキングの設定] を開きます。
    7. [選択] ソフト キーを押して、[サーバーのプロビジョニング] メニューに入ります。
    8. 下向きの矢印を使って、[サーバーのタイプ] 設定をハイライトします。
    9. 左右の矢印を使用して、[HTTP] を選択します。
    10. [OK] ソフト キーを押します。
    11. [メニュー] ボタンを押して終了します。
    12. [設定の保存] で [はい] のソフト キーを押します (プロンプト表示された場合)。
  3. Set the Provisioning Server Address to your provisioning URL:
    ローカル Edge のプロビジョニング URL は、次のいずれかです。

     

    • ローカル Edge の IP アドレスとポート (デフォルト = 8088)。例: 192.168.100.50:8088
    • Edges に DNS レコードが存在する場合、Edge のドメイン アドレス、例えば、Customer-Domain.com/PureCloudEdges。

     

    PureCloud Voice のプロビジョニング URL は、http://phonediscovery.mypurecloud.com です。 

    1. [ホーム] ボタンを押します。
    2. 右矢印を 5 回押して [設定] を表示します。
    3. 2 を押して [詳細] を開きます。
    4. 管理者パスワードを入力します。
      (デフォルト = 456、または、PureCloud で前にプロビジョニングされている場合はデフォルト = 1234)
    5. 1を押して [管理者設定] を開きます。
    6. 1を押して [ネットワーキングの設定] を開きます。
    7. [選択] ソフト キーを押して、[サーバーのプロビジョニング] メニューに入ります。
    8. 下向きの矢印を使って、[サーバーのタイプ] 設定をハイライトします。
    9. 左右の矢印を使用して、[HTTP] を選択します。
    10. [サーバーのアドレス] を選択します。 
    11. プロビジョニング URL を入力します。数字キー 0 ~ 9 を繰り返し押して、数字と文字を入力します。アステリスク (*) キーを繰り返し押して、ピリオド (ドット) やハイフンなどの句読点を選択します。
    12. [OK] ソフト キーを押します。
    13. [メニュー] ボタンを押して終了します。
    14. [設定の保存] で [はい] のソフト キーを押します (プロンプト表示された場合)。
    1. 電話が自動的に再起動しない場合、電話を再起動する:
      1. [ホーム] ボタンを押します。
      2. 右矢印を 5 回押して [設定] を表示します。
      3. 2 を押して [詳細] を開きます。
      4. 管理者パスワードを入力します。
        (デフォルト = 456、または、PureCloud で前にプロビジョニングされている場合はデフォルト = 1234)
      5. [電話の再起動] を選択します。
      6. [はい] ソフトキーを押します。
    2. PureCloud に電話を表示し、電話が稼働中であることを検証する:
      1. テレフォニーの管理者の役割でログインして、テレフォニー > 電話の管理へナビゲートします。
      2. [電話名] 列で電話を探し、緑のステータス シンボルが表示されていることを確認します。電話が稼働中であることを検証します。
          

    Polycom VVX のトラブルシューティング


    電話の設定が正しくないと思われる場合は、電話を出荷時の状態に戻すことができます。これにより、すべての設定をクリアして DHCP を再設定し、電話のサーバー設定をプロビジョニングすることができます。

    1. [メニュー] ボタンを押します。
    2. 右矢印を 5 回押して [設定] を表示します。
    3. 2 を押して [詳細] を開きます。
    4. 管理者パスワードを入力し、Enter ソフト キーを押します。
      (デフォルト = 456、または、PureCloud で前にプロビジョニングされている場合はデフォルト = 1234)
    5. 1を押して [管理者設定] を開きます。
    6. 5を押して [デフォルトにリセット] を開きます。
    7. 3を押して [デバイスの設定をリセット] を開きます。
    8. [はい] ソフトキーを押します。


    管理者のパスワードがわからない場合、デフォルトのパスワード「456」または PureCloud の通常のデフォルト パスワード「1234」を試してみます。これらのデフォルトのパスワードが機能しない場合、電話をデフォルトのファクトリ出荷状態にリセットします。管理者のパスワードのデフォルトのファクトリ設定は「456」です。