メニュー アクション


メニュー アクションを使用してサブメニューを作成します。 このアクションはメニュー選択でのみ使用可能で、タスク シーケンスでは使用できません。メニュー選択は DTMF および音声認識などの共通設定を含みます。追加のメニュー選択の設定に関する詳細は、関連トピックを参照してください。

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

名前 説明
名前フィールド

ここで入力するラベルはメニュー構造のノード名になります。

メニュー プロンプト 発信者に再生する事前録音のプロンプトを選択、発信者用の音声合成を構成、または発信者への音声ガイダンスを行う他のアクションを定義できる [オーディオシーケンスを編集] を開きます。
デフォルト メニュー選択 ユーザー選択オプションが使用不可のときに、コールが通るメニュー内でデフォルト メニューを選択します。メニュー項目の下に太字で選択内容が表示されます。
メニュー オプション オプションとして、メニューの反復数、メニュー反復前の待機時間、内線番号ダイヤルの許可、続行する前にカスタマーが内線番号のダイヤルを起動するまでの待機時間などを含む構成済みのメニュー設定を上書きします。
音声認識オプション オプションで、機密レベル、完了と未完了の一致タイムアウト、話す言葉の長さを含む構成された音声認識、および発信者に流す無効または不明瞭な音声ガイダンスのオプションを上書きします。