アウトバウンド フローについて


前提条件
  • Outbound Admin role
  • Architect > Admin または Architect > Editor の権限が割り当てられたユーザーの役割

An outbound flow processes calls that an agent makes on behalf of a call center or client. For example, agents may make outbound calls for telemarketing, sales and fundraising, contact list updates, surveys, or verification services. Based on your role, you can create, view, edit, and manage outbound flows. Architect authors design the logic of how to handle an outbound call, including contact lists and wrap-up codes, but do not specify which outbound flow PureCloud processes for an outbound campaign.

アウトバウンド フローの設計には、インバウンド フローの設計で利用可能なほとんどの機能が含まれていますが、次の例外があります。

  • アウトバウンド フローには、連絡先リストとデフォルトのラップアップ コードが必要です。
  • 構成可能ではありませんが、アウトバウンド フローには、デフォルトの連絡先リストから取得された call.contact 変数とプロパティが含まれています。
  • ツールボックス アクションの中には互換性がなく、アウトバウンド フローのページが表示可能でないものがあります。
Note: Handle the process of determining which outbound flow Architect runs for a particular outgoing campaign in PureCloud Outbound Dialing > Call Analysis Responses.

Architect アウトバウンド フローを作成、設定、公開するには、アウトバウンド管理者は少なくとも 1 つの設定済み連絡先リストと 1 つの設定済みラップアップ コードが用意されていることが必要です。 アウトバウンド フローを追加するとき、デフォルトの連絡先リストとラップアップ コードを選択する必要があります。ただし、これらのデフォルトは次の方法でアウトバウンド フローの構成内で設定または変更できます。

  • アウトバウンド フローを開き [設定] 領域で [アウトバウンド設定] を選択してデフォルトを変更します。
  • [ラップアップ コードを設定] をアウトバウンド フロー内のタスクに追加して、使用するラップアップ コードを選択します。