スクリプトをプレビュー


スクリプトがエージェントに対してどのように表示されるかをシミュレートするには:

  1. [スクリプトをプレビュー] をクリックします。

    before-preview2

    In preview mode, the toolbar, sidebar, and properties do not appear. If you interact with a component, then it either performs its function or the editor displays a message describing the run-time action.

    例えば、Scripter.Change ページのアクションが別のページに移動するボタンをクリックすると、移動先のページがプレビュー モードで開きます。

    図は、別のページに移動するために設定されたボタンを示します

    図は、「ページ 2」という名前のページを示します

    When the result of an operation cannot be simulated, the editor describes what happens at run time. For example, if you click a button whose Outbound.Set stage action sets a stage name, then a message appears, stating “Stage would be set to: your stage name.” Such messages describe the run-time behavior of that component when an action cannot be directly shown in preview mode.

    If your script contains input components that are bound to contact list columns, then column names are shown since no data is actually read from the contact list in preview mode.

    編集モードの連絡先リストのフォーム:

    図は、編集モードの連絡先リストを示しています。

    プレビュー モードにある同じ連絡先リスト

    図は、プレビュー モードにある連絡先リストを示しています。

    変数は同様に表示されます。通常の編集モードでは、コンポーネントにバインドされているか、波括弧を使ってページに埋め込まれているかにかかわらず、変数名を表示することができます。

    図は、編集モードでの変数の外観を示しています。

    Click Preview Script. In preview mode, the values of variables appear.

    Note: In preview mode, the following variables display fake preview data: “Agent Call Start Time”, “Agent Call Duration”, “Customer Call Start Time”, and “Customer Call Duration.” At run time, these variables contain real values.

    図は、プレビュー モードでの変数の外観を示しています。

  2. スクリプトの編集を再開するには、[スクリプトをプレビュー] を再びクリックします。