製品、役割、権限リスト


メモ2017年内に、以下の役割をPureCloudで更新します。
  • Engage UserPureCloud Userになります。
  • Engage SupervisorPureCloud Supervisorになります。

2017年より前に組織を作成した場合は、従来の役割名が表示されることがあります。

重要:各役割を使用するライセンスは、その役割に割り当てられた最も高価な権限に対応しています。ライセンスは、役割に割り当てられた関連のあるコストを示します。

以下のPureCloud機能を表示するには、現在権限設定を追加する必要があります。

  • コンタクト センターの機能 - エージェントの役割はエージェントのコンタクト センター機能を表示するのに必要であり、スーパーバイザーの役割はキューとエージェントのダッシュボードおよびレポートを表示するのに必要です。
  • ボイスメール — ユーザーがボイスメールを表示するには、ボイスメール権限が必要です。この権限を追加するには、次の手順を実行します。
    1. 管理をクリックします。
    2. ユーザーと権限の下にある、役割/権限をクリックします。
    3. Communicate – User の列の上にある、役割の編集をクリックします。
    4. 権限タブをクリックします。
    5. All Permissionをクリックします。
    6. Voicemail > Voicemail >Receiveのチェックボックスを選択します。
    7. 保存をクリックします。

以下のタブをクリックしてデフォルト役割と権限を表示します。このリストは変更される可能があります。