スケジュール ビュー


スケジュール ビューを使って、スケジュールに従ってリソースを実行します。各スケジュール エントリで、キャンペーンまたはシーケンスの開始時間と停止時間を定義できます。スケジュールは、リソースの実行を自動化することで、アウトバウンド管理者を支援します。

スケジュール エントリは月単位、週単位、日単位で表示できます。スケジュール ビューでは、各リソースが実行される時間が、スケジュールを見ているユーザーの現地時間で示されます。わかりやすい現地時間で、いつ、何が実行されるかを一目で確認することができます。

タイムゾーンの時間差を計算する必要がありません。PureCloud により自動的に行われます。スケジュール エントリを作成する場合は、特定のタイムゾーンにいるユーザーの現地時間を使って日付と時間を設定します。例えば、ホノルルのタイムゾーンで 9 a.m に開始して、 6 p.m に終了するようにリソースをスケジュールすると、 ホノルルの連絡先はホノルル時間の 9 a.m から  6 p.m の間に電話を受信します。電話がかけられます。そのエントリを保存すると、スケジュールに自分の現地時間で開始時間と終了時間が表示されます。

手動でスケジュールを上書きできます。キャンペーンが実行されると、スケジュールが開始しているかどうかに関わらず、[キャンペーン] タブのステータス コントロールを使って、管理者は手動でキャンペーンを一時停止できます。

メモ:
  • スケジュール エントリを定義する場合は、特定のタイムゾーンにいるユーザーの現地時間を使って日付と時間を入力します。

  • 逆に、[スケジュール] ページ ビューでは、日付と時間はスケジュールを見ている人の現地時間に戻ります。このプロセスにより、スケジュールがコンタクト センターのリソースに及ぼす影響を容易に把握できます。

  • スケジュール エントリの開始日は過去の日付にすることはできません。ユーザー インターフェイスによりこの条件が検証され、「開始日は過去にすることはできません」と警告されます。

画像をクリック
詳細は、画像をクリックします。

スケジュールに示される期間を表示します。
日次、週次、月次の期間でエントリを表示するために、ビューを変更します。
スケジュールの期間 (1 月、1 週間、1 日) によって、ページを前に戻したり先に進めます。
キャンペーン シーケンスのエントリをスケジュールします。
カレンダーの現在の日付を表示します。
スケジュールに示される月、週、日を表示します。
日次、週次、月次の期間でエントリを表示するために、ビューを変更します。
カレンダーの現在の日付を表示します。
スケジュールの期間 (1 月、1 週間、1 日) によって、ページを前に戻したり先に進めます。
エントリをスケジュールします。
エントリをスケジュールします。
スケジュールに示される月、週、日を表示します。
日次、週次、月次の期間でエントリを表示するために、ビューを変更します。
カレンダーの現在の日付を表示します。
スケジュールの期間 (1 月、1 週間、1 日) によって、ページを前に戻したり先に進めます。
週の 1 日のスケジュール エントリを示します。

手順