スケジュール


スケジュールは、複数の状況で複数のグループに適用される時間の共通の定義に使用されます。 スケジュールは、日付や時刻、イベントに基づき、コールフローをいつ実行するかを規定します。定期的なイベント、休日、または通常の営業時間や営業時間外のサポートなどの特別な状況を処理するスケジュールを定義することができます。

Architectは、インバウンドおよびアウトバウンド インタラクションのルーティング管理を、スケジュールに基づいて決定します。例えば、営業時間内または営業時間外にどちらのコールフローを実行するかは、スケジュールで決定されます。

  • Architect admin, Architect editor, or Architect read-only permission assigned to any user role

必要条件

To manage schedules for the organization, click Admin. Under Telephony, click IVR Routing and then click the Schedules tabOn the Schedules page, you can view the list of currently active schedules and their recurrence type. 

名前 説明
編集 修正したいスケジュールの横のチェックボックスを選択し、[編集] ボタンをクリックして、[スケジュールの編集] ページを開きます。 
コピー 複製したいスケジュールの横のチェックボックスを選択し、[コピー] ボタンをクリックします。システムは、開く、名前を付けて保存する、修正することができる第 2 の選択バージョンを作成します。 
削除 削除したいエントリの横のチェックボックスを選択し、[削除] をクリックします。PureCloud は、削除する前にあなたの判断を確認します。
新規作成 Click Create New to open the Create Schedule page and map a call flow to a dialed address.
スケジュール名 この列のリンクは各スケジュール エントリを表します。リンクをクリックして [スケジュールを編集] ページを開き、エントリを変更します。
定期的なパターン この列は、関連付けたスケジュールが実行される頻度をを表示します。例えば、毎日、毎週、毎年、1 回、またはカスタムの時を繰り返しルールで設定します。 

スケジュールに関する詳細は、以下の記事に概説されたタスクを参照してください。

タスク 説明
スケジュールを作成 定期的なパターンと時のスパン定義を含めて、スケジュールのエントリを作成して設定します。
スケジュールを編集 スケジュールのエントリ名と繰り返しの仕様を変更します。
スケジュールに関連付けられたスケジュール グループを表示する 特定のスケジュールを含むスケジュール グループを表示して、それにアクセスします。
スケジュール情報を更新 スケジュールおよび割り当て済みの繰り返し実行タイプのリストを手動で更新します。
スケジュールを削除 スケジュール グループまたはコール フローに関連付けられた 1 つ、またはそれ以のスケジュールを永久に削除します。