Architect の画面ポップについて


Architect で、画面ポップの設定データ アクションを使用して、インバウンドまたはアウトバウンド コールと併せて、データベース情報をエージェントに伝えるウィンドウまたはダイアログ ボックスの構成を定義します。画面ポップはコールを分析し、データベースにクエリーを送り、その情報をエージェントに表示します。画面ポップの機能性は、コールの平均の長さを短縮し、カスタマー サポートを改善して、発信者がアカウント番号などの識別情報を繰り返し提示する必要をなくします。

インバウンド コールでは、一般的な画面ポップ データは次のような情報を含みます:

  • 発信者 ID
  • 自動番号識別 (ANI)
  • ダイヤル番号識別サービス (DNIS)
  • アカウント番号や顧客 ID などの収集された入力
  • データベース検索で現在の注文ステータスを集めて表示するなど、上の例のいずれかから派生した情報。

アウトバウンド コールでは、一般的な画面ポップ データは、アウトバウンドのダイアラーにカスタマーのコール記録の一部として送られた情報を含みます。

Screen pops use pre-defined, published scripts created by the PureCloud script designer. When incorporated into a call flow, the Architect flow designer defines the variables for the inputs specified by the script designer. For more information about using screen pops in a call flow, see the Suggested content.