Active Directory コネクタをセットアップします。


次のセクションを読み自動ウィザードを使用して Active Directory の統合をセットアップするか、「手動セットアップ」手順に移動して標準的な統合インターフェイスを使用します。

自動セットアップ

[今すぐセットアップ] ボタンから起動したウィザードを使って Active Directory コネクターをセットアップします。この手順は、Active Directory 手順の Bridge サーバーのインストールから続きます。

  1. Bridge サーバーのインストール ページの終わりで [次へ] をクリックした後、[新しいコネクターを作成]をクリックします。
  2. Active Directory 設定データを入力します。

    See Synchronize with Active Directory for prerequisites.

  3. 以下のいずれかをクリックてセットアップを完了します:

    • 設定を保存 — 設定をコネクターに公開します。
    • 終了 — 公開せずに、ウィザードの次のページに進みます。

手動セットアップ

標準的な Bridge 統合コントロールを使って Active Directory との統合をセットアップします。

コネクターを追加

  1. 管理をクリックします。
  2. Under Integrations, click Bridge.
  3. Click the Connectors tab, then click Add Connector.[コネクターを追加] をクリック
  4. [新しいコネクターを追加] ウィンドウで:

    このフィールドでは... 入力情報
    名前 コネクターの名前を入力します。コネクター名は空白にはできません。
    説明 (オプション)このコネクターの目的を入力します。
    コネクターの選択 active-directory-connector を選択します。
  5. 保存をクリックします。

コネクター インスタンスを追加

  1. [コネクターの詳細] ページで [インスタンスの追加] をクリックします。
  2. [サーバーを設定] をクリックします。
  3. [Bridge サーバー]を選択して[保存]をクリックします。
  4. [有効] ボタンをクリックします。ボタンが [オン] に変わります。次に [有効なコネクター インスタンス] ウィンドウで [はい] をクリックします。
  5. コネクターをオンにするには、[管理] の下の [開始] ボタンをクリックします。 
  6. 複数のインスタンスを作成するには、この手順を繰り返します。

    If you installed more than one instance of the Bridge Server for fault tolerance, add extra instances of the connector. For more information, see About fault tolerance for Bridge Connectors.

コネクターを設定

いつでも下部の表示スイッチをクリックして、公開された設定を読み取り専用モードで確認できます。スイッチをもう一度クリックし、編集を続行します。表示スイッチ

  1. [設定] タブをクリックします。
  2. In AD Servers, enter the IP address or DNS name of your Active Directory server in the Server Address field. Alternatively, if you have multiple AD Servers, you can enter the domain name, for example, domain.com.
  3. [接続クエリー] メニューからオプションを 1 つ選択します。

    Choose this… これを行うに.
    メール アドレスおよび上司が設定されているアカウントのみインポート

    メールアドレスと上司を持つ、Active Directory 内のすべてのユーザーをデフォルト LDAP クエリーを使ってインポートします。他のオプションには以下のものがあります。

    • 電話番号のあるアカウントを除外
    • 削除フラグのついたアカウントを除外 (デフォルトで選択済み)
    メールアドレスが設定されているアカウントのみインポート

    メールアドレスを持つ、Active Directory 内のすべてのユーザーを (上司を持たなくても) デフォルト LDAP クエリーを使ってインポートします。他のオプションには以下のものがあります。

    • 電話番号のあるアカウントを除外
    • 削除フラグのついたアカウントを除外 (デフォルトで選択済み)

    メモ:  PureCloud ユーザーに上司がいない場合、プロフィールの階層構造ビューと関係セクションにそのユーザーの情報は表示されません。

    カスタムの LDAP クエリー LDAP クエリーを作成して、[クエリー] フィールドに貼り付けます。 ヘルプが必要な場合は、「LDAP クエリーを作成」をご覧ください。カスタムの LDAP クエリー
  4. [サーバー接続をテスト] をクリックします。

    エラー メッセージを受け取った場合には、サーバー アドレスをチェックし、[コネクターの詳細] タブのログイン情報もチェックします。

  5. フィールド マッピングで、御社の環境でデフォルト設定が使用できるかをチェックします。

    列をマッピング 説明
    PureCloud Active Directory と同期される PureCloud プロフィール フィールドの名前
    同期のルール

    データの同期方向を決めるルール

    • データを Active Directory から PureCloud にコピーAD から PureCloud に同期
    • データを Active Directory から PureCloud に一度のみコピーし、同期は維持しないAD から PureCloud に一度のみ同期
    • PureCloud のデータを Active Directory にコピーPureCloud から AD に同期
    • 両方向にデータをコピーしますが、データが両方の場所で同時に変更された場合は Active Directory が優先します。双方向に同期 - AD を優先
    • 両方向にデータをコピーしますが、データが両方の場所で同時に変更された場合は PureCloud が優先します。双方向に同期 - PC を優先
    Active Directory PureCloud と同期される Active Directory フィールドの名前
  6. Change the mappings if necessary. If you modified your Active Directory schema to include custom attributes, you can sync them to supported fields in your organization’s PureCloud profile. For a list of mappings for Active Directory default fields and custom attributes, see Active Directory Connector external fields

    1. マッピングを変更するには [編集] をクリックします。 
    2. マッピングを削除するには [削除] をクリックします。
    3. マッピングを作成するには [マッピングを追加] をクリックします。
    重要: PureCloud はデフォルトではシステムに書き込みません。システムに書き込むマッピングを作成するには、[詳細] で JSON に更新タスクを追加する必要があります。ヘルプが必要な場合は、「JSON 設定を編集」を参照してください。
  7. マッピングのスキームを見てチェックするには [データのプレビュー] をクリックします。[データのプレビュー] ボタン
  8. プロパティで、必要に応じてデフォルト値を変更します。
  9. 終了したら、以下のいずれかを行います。

    • [保存と公開] をクリックし、Bridge コネクターに設定を送信します。
    • [保存と公開] > [ドラフトを保存] をクリックし、この設定を後で引き続き編集します。
    • [保存と公開] > [ドラフトを破棄] をクリックし、最後に公開した設定に戻します。保存と公開オプション

See also: