シリーズ: キューを作成

チャンネルの動作としきい値を設定する


Voice channel

  1. Enter the サービスレベル  percentages and targets for the voice channel.
  2. Enter the number of seconds for an alert to display before timing out in the corresponding voice and chat Alerting Timeout fields.
    Note: The maximum alerting time is 59 seconds. When an alert times out, the agent's status changes to Not Responding and the call is placed back in queue.
  3. Optionally set up caller ID display for outbound calls placed on behalf of this queue:
    メモ:これらのフィールドでは、アルファベットや、アルファベットと数字の組み合わせを使うことができます。
    1. 発信者の名前ボックスには、コール受信相手に見えるあなたの名前をタイプします。
    2. 発信者の番号ボックスには、コール受信相手に見える番号をアルファベットと数字で入力します。
  4. In the In-Queue Flow area, optionally select a previously defined Architect in-queue flow to set as the standard behavior for the queue.
    メモキュー内フローを選択しない場合、システムは組織のデフォルトのキュー内フローを使用します。 ただし、Architect内でACDへの転送アクションにキュー内フローを設定することができ、これは組織のデフォルトのキュー設定フローより優先されます。この場合はACDへの転送アクションのキュー内フローが、ここで選択したフローよりも優先されます。 

    1. In the Default Script area, optionally select a published script to load when no default script is selected in the application (for example, Architect or Campaigns).
    2. 保存をクリックします。

    Chat channel

    1. Enter the サービスレベル  percentages and targets for the chat channel.
    2. Enter the number of seconds for an alert to display before timing out in the corresponding voice and chat Alerting Timeout fields.
      メモ:アラートがタイムアウトすると、エージェントのステータスが「応答なし」の状態に変わります。
    3. In the Default Script area, optionally select a published script to load for chat interactions.
    4. 保存をクリックします。

    Callback and social expression channels

    1. Enter the サービスレベル  percentages and targets for the chat channel.
    2. Enter the number of seconds for an alert to display before timing out in the corresponding voice and chat Alerting Timeout fields.
      メモ:アラートがタイムアウトすると、エージェントのステータスが「応答なし」の状態に変わります。
    3. 保存をクリックします。

    Email channels

    1. Enter the サービスレベル  percentages and targets for the email channel.
    2. Enter the number of seconds for an alert to display before timing out in the corresponding voice and chat Alerting Timeout fields.
      メモ:アラートがタイムアウトすると、エージェントのステータスが「応答なし」の状態に変わります。
    3. In the Outbound Email Address, specify which email address to use for emails sent from this queue: 
      1. Click the edit button. The Edit Outbound Email Address dialog opens.
      2. Under Email Domain, select the appropriate domain from which to send the email address.
      3. Under Outbound Email Address, select the appropriate email address the recipient sees when recieving the outbound email. 
    4. In the Default Script area, optionally select a published script to load for chat interactions. 
    5. 保存をクリックします。

    ラップアップ コードを設定する:前のおすすめアーティクル 次のおすすめアーティクル: