コールフローをセットアップ


前提条件

  • Architect > Admin または Architect > Editor の権限が割り当てられたユーザーの役割

Architect allows the flow author to link together predefined operations, or call flows, to create simple or sophisticated menu applications. Non-programmers can create and manage menu interactions by filling out and linking forms in Architect. Architect compares Calls to user-defined variables to determine how to process the call. 

メモ: 新しく作成されたコール フローは、表示されるまで数秒かかります。 作成者はコール フローをすぐに設定しようとするので、この遅れに気付かない場合があります。現在のリストを更新するには、Architect ホームページで [更新] をクリックします。

Architect の機能に慣れるために、以下のページを見直してください:

ページ 設定できる機能

タイムアウトの動作を設定

システムがタイムアウトになる前に、発信者の事前定義された時間を設定して数字を入力します。

メニューの DTMF および音声認識設定

メニューの選択にアクションを追加すると、Architect がタスク シーケンスでアクションを使用するときには利用できない排他的なメニュー設定を提供します。これらのアクションには、DTMF および音声認識が含まれています。 

Architect ツールボックスについて

コール フローのメイン ページにあるツールボックスには、開始メニューと再利用メニューの構築に役立つ処理カテゴリが含まれています。タスク エディターでは、ツールボックス

コール フローのデフォルト設定の構成

メニュー、音声認識、イベント処理、サポート言語、およびアクション用にデフォルトのコール フロー動作を設定します。

 

フローのリソースを表示

コール フロー内で使用する文字列変数およびプロンプトに関する詳細を管理および表示します。リソースが存在するコール フローの場所を表示、またはそこへナビゲートします。

オーディオ シーケンスについて

メニューおよびタスクで、発信者に向けて再生する順序付けられたオーディオ要素シーケンスを設定します。

コール フローにおけるアクション

コールがフローに入り終了するまで、システムがコールをどのように処理するかを指示するロードマップを構築します。

タスク エディターでのアクション

タスク エディターで、Architect はタスクを構成するアクションのシーケンスを構築するのに役立つ数種のツールを提供しています。