デフォルトのイベント処理の動作を設定


イベント処理は、発信者が無効な入力を行うなど、エラー発生時に Architect がどう動作するかを決定します。

Under Settings, click Event Handling to configure the default flow behavior that occurs if Architect encounters an error within the flow. For call flows, specify or create the audio prompt to play to a caller. For call and email flows, determine whether to transfer or disconnect the call. 

名前 説明および使用

再処理オーディオ

既存の音声ガイダンスを選択するか、発信者にエラーと行うべきアクションを通知するための音声シーケンスを作成します。 

処理

エラー発生時に Architect が実行して欲しいアクションを選択します。次のアクションを選択できます:

  • コールの終了
  • キューにコールを転送
  • メニューに移動
  • 再利用可能タスクに移動

メモ:選択するアクションの処理によって、メニュー、タスク、または電話を転送をするキューを選択することができます。

メニュー

エラー発生の際、コール フローが戻るデフォルト メニューを選択します。

近日リリース予定

名前 説明および使用

処理

エラー発生時に Architect が実行して欲しいアクションを選択します。次のアクションを選択できます:

  • Disconnect the email flow
  • Transfer the email to a queue

Note: Depending on the handling action you select, you can select which queue in which to transfer the email.