言語を設定のアクション


タスク エディターのツールボックスのフロー カテゴリで使用可能で、このアクションにより発信者は音声ガイダンスを聞く言語を選択することができます。 このアクションはタスク シーケンスでのみ使用できます。

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

名前 説明
名前フィールド アクションの示差的な名前を入力します。ここで入力するラベルはコール フロー構造に表示されるアクションの名前になります。
言語の選択

このドロップダウン リストの最後にある矢印をクリックして、希望の言語を選択するか、言語または言語コードを入力します。  言語の変更はタスク終了後に有効となります。