参加者データ設定のアクション


このアクションはタスク エディターのツールボックスのデータ カテゴリで使用可能です。 コール参加者は自分に割り当てられた属性または参加者データを持つことができます。Architect では、参加者はインバウンド コール フローではコールの発信者で、アウトバウンド コール フローではコールの受信者です。

属性について

属性は、インタラクションを通じて一緒に移動する参加者に関する情報の一部です。フロー変数とは異なり、参加者データ属性はあるコール フローから別のコール フローへの転送でも継続します例えば、発信者の電話番号 (Call.Ani) は、インタラクションが別のコールフローへ転送された場合には持続されません。ただし、情報が参加者データに格納されている場合は、それに続くコールフローによって情報にアクセスできます。

各参加者データは名前と値のペアです。これらのペアはフロー作成者により制御されている文字列です。 属性を設定するには、属性に割り当てる名前と文字列値を指定します。 これらの参加者データ属性は、情報が現在のコールフロー以降に継続する必要がある場合に特に便利です。例えば、異なるフローからアクセスできる情報や PureCloud for Salesforce CRM 統合など、 Architect を完全に離れ、参加者データで画面ポップ URL 情報を受信する情報。

メモ:属性では大文字と小文字が区別されます。 フローの別の部分で既存の属性を使用する場合は、必ずオリジナルの属性と同一の大文字/小文字を使用してください。

The Set Participant Data action in a task assigns an attribute value on an interaction participant. For example, if you have a Call Bridge action that looks up information for a caller, use the Set Participant data action to save the results of what the Call Bridge action looks up. If Architect transfers the interaction to another flow, the second flow can recall the information through Get Participant Data action so that the Bridge action need not be repeated.

メモ:参加者データ取得で属性を再びコールするときは、属性名が以前のフローの参加者データ設定の名前と全く同じであることを確認してください。Architect では、正確な一致を確実にするため、コール フローに全体に渡っての参加者データの名前の自動入力、大文字/小文字の区別がある名前のコピーと貼り付けは行われません。


メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

アクション 説明および使用

名前

アクションの示差的な名前を入力します。ここに入力するラベルはタスク シーケンスに表示されるアクション名になります。

設定する属性を追加

このボタンをクリックして、属性の名前と値のペアを追加します。複数の属性 (参加者データ) を作成して、単一の参加者データ設定のアクションに保存できます。

属性名

属性に名前を割り当てます。属性名は文字列リテラルで、空白 (空) のままにしておくことはできません。 この名前は、値を取得できるように正確に参加者データ取得のアクションにコピーする必要があります。

割り当てる値

属性 (参加者データ) 値は、ビルトインのコール変数、フロー変数、またはユーザーが作成したタスク変数などの文字列リテラルまたは式です。 リテラル エディターまたは式エディターを使用して、属性に文字列、変数、または式の値を割り当てます。 


NoteFor call flows only, if an attribute changes in the cloud while a flow is in process, the change is not visible in the flow during this session. In some cases, the attribute value of a participant may change while the participant proceeds through a flow that also changes the attribute value. In this situation, if the user specifically calls the Set Participant Data with the variable and string pair to save, then when the flow ends the value set by the flow overwrites the value in the cloud.