画面ポップの設定のデータ アクション


タスク シーケンス内で、画面ポップを設定データ アクションを使用して事前に定義されたスクリプトを選択し、必要であれば、実行時にユーザーによる選択を保存する入力変数を構成します。 このアクションのオプションは Architect が収集すべきデータベース情報の内容、発信者に入力して欲しい内容、またはインタラクションがエージェントのキューに達するときにエージェントが行って欲しいアクションを決定します。

Note: Only published scripts are available from the Set Screen Pop data action. For more information, see Publish a script.

メモ:Architect ツールボックスで利用可能なアクションは、お客様の PureClound サブスクリプション プランにより決まります。

This action is available in the Flow category of the task editor’s Toolbox. 

名前 説明および使用

名前フィールド

画面ポップの設定アクションの示差的な名前を入力します。ここに入力するラベルはタスク シーケンスに表示されるアクション名になります。

画面ポップ スクリプト

Select the appropriate script from this drop-down list. The script designer created and published these scripts in PureCloud scripting.

入力

選択したスクリプトによって、実行時に画面ポップが表示または実行する変数を定義します。スクリプトが定義した変数を必要としない場合、Architect は選択した画面ポップ スクリプトに入力がないことを示すメッセージを表示します。

メモ:  [入力] の横の矢印をクリックして、変数リストを展開するか、折りたたみます。

説明を非表示または表示

このリンクをクリックして、各入力に指定されたそれぞれの変数の種類に関する説明を除去または表示します。