ACD スキル変数を追加


ACD スキルとは、タスク、専門知識、またはエージェントがインタラクションを処理するのに必要な知識の任意の指定です。 スキル変数はエージェントが有する PureCloud ACD スキル (例えば言語または証書) を表します。Architect では、ACD スキル必要条件は資格を満たす受信者に作業を転送します。ACD スキルは PureClound 管理者によって作成され設定されます。

メモ:ACD に転送アクションでスキルを追加することもできます。詳細については、「ACD へ転送操作」をご覧ください。

スキル変数をタスク シーケンスに追加

タスク シーケンスで、「データを更新] のデータ アクションにスキル変数を追加することができます。例えば、スペイン語会話スキルに堪能な、または Windows OS を熟知したエージェントにコールを転送するなどです。

メモ:スキルは管理者によって PureCloud で定義される必要があります。
  1. ツールボックスから [データ] カテゴリを展開し、[データを更新] アクションをタスク内の希望の場所にドラッグします。
  2. [データを更新] 設計フォームの [名前] フィールドで、項目を説明する有意義な名前を追加します。
  3. [更新ステートメントの追加] ボタンをクリックして、[ACD スキル] を選択します。
  4. [変数名] フィールドに、タスクの変数を識別するラベルを入力します。
  5. [割り当てる変数] フィールドで、以下の 1 つを行います。
    • リテラル モードから値を設定するには、ドロップダウン リストをクリックして希望する ACD スキルを選択します。
    • 式を使って値を設定するには、式のボタンをクリックして以下の 1 つを行います。
      • 式インラインを追加します。
      • [式を編集] ボタンをクリックして式の編集エディターを開いて式を構成します。
  6. オプションで、他の変数を追加するには、[更新ステートメントの追加] ボタンをクリックします。