音声認識設定を指定


フローの音声認識の動作のデフォルト設定を指定できます。特定のメニューのこれらの設定を編集することができますが、ほとんどの構成に主要設定を行うと便利です。 また、社内連絡先の音声認識を有効または無効にすることができます。


社内連絡先音声認識の設定は、フロー全体または開始タスクまたは開始メニューのみで社内連絡先を有効にするか、フロー全体で無効にします。 

メモ: 

By default, company directory speech recognition is enabled for new flows. When enabled, callers are not be prompted to say the name of the person they want to reach. Architect does not provide automatic prompts for use when this feature is enabled--you must include instructions for the user in your recorded prompts.

To keep both options selected and direct the system to ask callers to say the name of the person or department they wish to transfer to, modify the main greeting prompt to include this option for the caller. You can re-record the prompt in the main menu’s Initial Greeting area. If your prompts are professionally recorded, obtain an updated recording from the recording company and upload it.


音声認識設定を指定

  1. Architect のホームページから、音声認識を構成したいコール フローを選択して、[開く] をクリックします。
  2. [設定]領域で、[音声認識]を選択します。
  3. このフローで発信者が音声による選択を行えるようにするには、[音声の一般設定] 領域で [フロー全体で音声認識を有効にする] を選択します。
  4. このコール フローで社内連絡先の音声による連絡先案内カタログを使用するには、[社内連絡先] 領域で、[フロー全体で有効にする]、または [開始メニューまたは開始タスクで有効にする] を選択します。
  5. [デフォルト フロー レベル音声認識設定] 領域で、優先する信頼度とタイムアウト レベルを選択します。
    1. フレーズが成功した一致に到達するために受ける必要のあるスコア パーセンテージを選択するには、[最小信頼度レベル] 領域で上下矢印を使用して 1 ~ 100 の範囲でパーセンテージを選択します。
    2. 発信者が有効な音声入力を行い、システムが肯定的な一致を返す前に音声入力を停止した後の最大待機時間を選択するには [完全一致のタイムアウト] 領域で、希望する時間 (秒数) を選択します。最小時間は 0.1 で、最大時間は 20 です。
    3. 発信者が音声入力を停止し、音声による選択が無効である場合に、システムが一致結果がないことを示すまでの待機時間を選択するには、[不完全一致タイムアウト] 領域で、上向きと下向きの矢印を使用して時間 (秒数)を選択します。最小時間は 0.1 で、最大時間は 40 です。
    4. システムがタイムアウトになり発信者に選択を促すか通話を切断する前に、発信者が音声を使って選択する時間を選択するには、[音声の最大時間] 領域で上向きと下向きの矢印を使用して時間 (秒数) を選択します。
  6. 無効またはあいまいな入力プロンプト領域で、オプションで新規または既存メッセージの設定、および音声認識エンジンが発信者からの音声によるリクエストを認識しないときに再生するプロンプトの順序を設定します。
    1. デフォルトのシステム プロンプトをデフォルのト順序で使用するには、これらの設定を変更せずにそのままにします。
    2. To set up an audio sequence, click the Edit audio sequence button on the desired prompt and configure the audio sequence. For more information on adding an audio sequence, see the Suggested content.
    3. T別のプロンプトを追加するには、[別のプロンプトを追加] ボタンをクリックします。
    4. 発信者へのプロンプト再生の順序を変更するには、プロンプトの横の上向きと下向きのの矢印を使用します。
    5. リストからプロンプトを除去するには、[プロンプト] フィールドの右の [X] ボタンをクリックします。
  1. 保存をクリックします。