タスクエディター概要


Architect タスク エディターは、アクションを配置し、接続してタスク シーケンスを作成する設計領域です。アクションのカテゴリのパレットと、複雑な IVR 操作を作成するオプションを提供します。ここでは、アクションの追加、編集、削除を行えます。 また、コール フローのメイン ページからタスク シーケンスのプレビューを実行できます。

タスク シーケンスを構築する際は、ツールボックスを使用して、タスクに追加するアクション カテゴリを選択します。アクションのカテゴリをツールボックスからタスク エディターにドラッグするときに、アクションの構成オプションがタスク エディターの右側に表示されます。 

タスク エディターのほとんどのアクション タイプは、選択項目に基づいて他のアクションに枝分かれし、マージされて戻って、最終的にフローまたはフロー シーケンスを完了します。アクションによっては、辿るパスが実行時に決定される出力があります。タスクには終了アクションが必要です。例えば、判断アクションの成功または切断アクションはタスク シーケンスを終了します。

タスクによっては、設計するフローでいくつかのアクションおよび出力を組み合わせることができます。Architect タスク エディターは、タスク シーケンスの構築時に役立つ各種のビジュアル インジケーターを提供します。

  • 点線で囲まれたアクションは現在選択されているアクションで、編集可能であることを示します。
  • シーケンス内で到達できないアクションは、グレーで示されています。 
  • 赤でハイライトされているアクション ヘッダーは、Architect がコール フローを公開できない検証エラーです。
  • 黄色でハイライトされたアクション ヘッダーは警告です。Architect はコール フローを公開できますが、警告をレビューして、アクションを修正するかどうか査定することもできます。
  • 新しいアクションをドラッグする、または、既存のアクションをシーケンス内の場所に移動する場合、コネクターが実線からブルーでハイライトされた線に変わるときにアクションがリリースされ、シーケンス内に配置できます。

For more information on working in the task editor including deleting actions within the sequence, reordering actions, or changing the task view, see the Suggested content.