シリーズ: ソーシャル チャネル管理のセットアップ

ソーシャル チャネル管理を理解


 ソーシャル チャネル管理をセットアップする際には、次の点に留意してください。

  • ソーシャル アカウントやリスナーは、データがそれらに関連付けられているために削除できません。今後のリリースで、ソーシャル アカウントとリスナーのアーカイブを提供する予定です。
  • ソーシャル チャネル管理では、データに関して外部のソーシャル サイトに依存しており、表現がどのようにエージェントにルーティングされるかに影響を与えます。 詳細は、「ソーシャル表現のノイズについて」を参照してください。
    • Twitter では、既存のリスナーを変更すると、その変更が PureCloud で有効になるまでに数分かかる場合があります。この動作のため、Twitter では数多くの変更を加える場合にはストリーミング アクセスをオフにすることを差し控えます。詳細は、「ストリーミングと接続チャーンについての Twitter の説明」を参照してください。
    • Twitter の場合、フィルター用語によっては他に比べてより速くパブリック ストリームに表示されるものがあります。 あなたのリスナーのフィルターと一致する最近のツイートがエージェントにルーティングされるまでに 1 時間かかることがあります。これは、Twitter のストリーミング API がそのように機能するためです。 
  • リスナーはリアルタイム データを使いますが、フィルター プレビュー サンプルには履歴データが使用されます。PureCloud は、プレビュー サンプルのツイートは履歴例であるため、エージェントにルーティングしません。プレビュー サンプルを使って、どのような種類のソーシャル表現をリスナーが返すかについて目星をつけます。