Series: Bridge actions in the Zendesk data dip connector

Use bridge actions in Architect for the Zendesk data dip connector


After adding a bridge action in PureCloud, create a call flow in Architect that uses the bridge action for the Zendesk data dip connector. 

Tip: Before using Architect, upgrade to the most recent version of the Bridge Server and the connector.


フローを作成します。

  1. Architect を開きます。

    Architect は[インバウンド コールフロー]タブを開きます。

  2. [追加] をクリックします。
  3. [フローの作成]ダイアログボックスにフローの名前を追加します。
  4. [フローを作成する]をクリックします。

    Architect はフローの[インバウンド コールフロー]ページを開きます。

次に、ブリッジのアクションを追加します。

 

フローを更新します。

  1. Architect を開きます。

    Architect は[インバウンド コールフロー]タブを開きます。

  2. フローをクリックします。

    Architect はフローの[インバウンド コールフロー]ページを開きます。 

次に、ブリッジのアクションを追加します。

  1. [ツールボックス]で、[タスク]分類を展開して、[タスク]をエディターへドラッグします。
  2. [タスクを編集] をクリックします。
  3. [ツールボックス]で、[データ]分類を展開して、[Call Bridge アクション]をエディターへドラッグします。

次に、Call Bridge アクションを設定します。

  1. 呼び出しブリッジ アクション デザイン フォームでフローで使用するブリッジのアクションの分類を選択します。
  2. 使用するブリッジ アクションを選択します。
  3. Under Inputs, define the variable for the first item that appears.

    The first item that appears under Inputs depends on what connector action is associated with the bridge action that you selected. For example, if the bridge action that you selected is associated with the connector action GetContactByPhoneNumber, then the PhoneNumber text box appears.

    Note: For more information about how the Zendesk data dip connector converts phone numbers in the PhoneNumber text box, see Phone number searches.

  4. [入力]で、CustomAttribute の変数を定義します(任意選択)。  

    Zendesk から追加情報を取得するのにには、カスタム属性を使用します。 たとえば、組織、チケット、またはユーザーに関連付けられているメンバー レベルを返すカスタム属性テキスト ボックスに変数 (member_level) などを定義します。 

    For more information about custom attributes and how to use them, see Use custom attributes with the Zendesk data dip connector.

メモ:コールフローのデザイン方法を含む Architect の詳細は、Architect のドキュメンテーションを参照してください。

View an example call flow for the Zendesk data dip connector in Architect.