プロキシ サーバーを使用する


アウトバウンド トラフィックを制限またはモニタリングするために、Bridge サーバーとコネクターをウェブ プロキシの背後に構成することができます。Bridge サーバーとコネクターは、認証なしの HTTP CONNECT トンネリング方式を使用するプロキシ サーバーのみをサポートします。

警告! プロキシ サーバーを使用するには、システム構成ファイルへ変更を加える高度な設定を必要とします。これらのファイルを変更する前に、元のバージョンのファイルをバックアップしてください。 

管理者コマンド プロンプトで次のように入力します。

netsh winhttp set proxy proxy-server="http=<your_proxy_server>,https=<your_proxy_server>"

  1. 次の 2 つの場所で machine.config ファイルのバックアップ コピーを保存します。C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Config C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\Config
  2. 管理者としてテキスト エディターを実行して、2 つのオリジナルの machine.config ファイルを開きます。
  3. 各ファイルで、青色で示されている次のテキストを設定項目間に追加します。 
    <configuration> ... </providers> </roleManagers> </system.web>
    	
    	 <!-- Add a proxy for bridge connectors to use --> <system.net> <defaultProxy enabled = "true" useDefaultCredentials = "true"> <proxy autoDetect="false" bypassonlocal="false" proxyaddress="http://{PROXY ADDRESS}:{PROXY PORT}" usesystemdefault="false" /> </defaultProxy> </system.net> </configuration>
  4. 次の例に示されているように {PROXY ADDRESS} and {PROXY PORT} をあなたのプロキシ情報で置き換えます。

    proxyaddress="http://172.18.176.206:80"
  5. ファイルを保存します。
  6. サービスを再起動します。

詳細は、次の Micorosoft の記事を参照してください。

ファイルに無効な変更を加えると、コネクターの起動に失敗します。コネクターの ininbridgehost ログ ファイルに次のメッセージが表示されます。

::API::log : loader:Could not create plugin instance System.Reflection.TargetInvocationException:Exception has been thrown by the target of an invocation. { … stack trace … } shared_ptr<DotnetPlugin>* plugin) Caused by:System.TypeInitializationException:The type initializer for 'System.Net.ServicePointManager' threw an exception. { … stack trace … } Caused by:System.TypeInitializationException:The type initializer for 'System.Net.ComNetOS' threw an exception. at System.Net.ServicePointManager..cctor() Caused by:System.Configuration.ConfigurationErrorsException:Configuration system failed to initialize { … stack trace … } Caused by:System.Configuration.ConfigurationErrorsException:Unrecognized element.(C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Config\machine.config line 301) { … stack trace … }