短期予測エディターを活用


グラフ ビューには、短期予測を計算するために選択されたメトリック変数が表示されます。ページの左側でカテゴリを展開し、見出しをクリックすることによってフィルター オプションを表示します。チェック ボックスをオンまたはオフにして、予測計算を調節します。見出しを再びクリックしてビューを折りたたみます。

グラフ部分では以下のことが可能です。

  • グラフにカーソルを合わせることによって特定時刻のデータを表示します。グラフに沿って水平に移動して、日付と時間のデータを表示します。
  • グラフ上の線は、予測の作成に使用される履歴データで読み取り専用です。
  • グラフの線の色は、関連する色分けされたメトリックを表します。
  • 予測エディターは予測グラフの下に表示されます。クリックしてドラッグすると表示が拡大され、狭い日付範囲を選択できます。選択の外側をクリックすることにより、ズーム フィルターをクリアします。
  • ユーザー定義の変更がいったん作成されると、グラフの下に表示され、選択した場合に連続的にグラフのデータに適用されます。変更には独自のフィルター セットがあるため、現在のグラフ データに適用されない場合があります。 変更を編集すると、その変更に対してフィルターが設定され、変更表に利用可能なフィルターが表示されます。