ラップアップ コード管理


To indicate the nature of an interaction, agents specify wrap-up codes; for example, a completed sale, a customer dissatisfied with service, or a billing problem.

前提条件

  • Adminの役割
  • Routing > Wrap-up Code > Add or Edit permission assigned to any user role

  1. 管理をクリックします。
  2. Under Contact Center, click Wrap-Up Codes.
  3. ラップアップ コードの作成をクリックします。「ラップアップ コードの追加」ダイアログボックスが開きます。
  4. 名前のボックスに、一意のラップアップ コード名を入力します。
  5. 保存をクリックします。

  1. 管理をクリックします。
  2. Under Contact Center, click Wrap-Up Codes.
  3. 適切なラップアップ コードを任意で検索します。
  4. 変更したいラップアップ コードの隣にある[編集]をクリックします。
  5. ラップアップ コード名を必要に応じて編集します。
  6. [保存] をクリックします。 

Note: Information stored against a deleted wrap-up code remains on existing reports that previously included the deleted wrap-up code. Analytics perform queries for both active and inactive wrap-up codes.

  1. 管理をクリックします。
  2. Under Contact Center, click Wrap-Up Codes.
  3. 適切なラップアップ コードを任意で検索します。
  4. 変更したいラップアップ コードの隣で、[編集]ドロップダウンリストの端にある矢印をクリックし、[削除]を選択します。
  5. [実行しますか?]のダイアログボックスで、[はい]をクリックします。

  1. 管理をクリックします。
  2. Contact Centerの配下にある、キューをクリックします。キューの管理ページが開きます。
  3. 特定のキューを検索するには、検索テキストボックスにキュー名を入力し、キューのリストから目的のキューを選択します
  4. キューの名のエリアで、[キューの編集]をクリックします。キューの設定が、[設定]タブで開きます
  5. ラップアップ コードを編集するには[ラップアップコード] タブをクリックします。
  6. ラップアップ コードを追加するには、新しいラップアップ コードの選択にある空白のテキストボックスにコードの名前を入力し、表示される結果から適切なものを選択後、+ボタンをクリックします。
  7. ラップアップ コードを削除するには、ラップアップ コードの横にある 削除 ボタンをクリックし、[実行しますか?]のダイアログボックスで[はい]をクリックします。
  8. [保存]をクリックします。

 


メモ:新しいキューにラップアップ コードを割り当てる方法の詳細は、キューの作成と設定をご覧ください。