2017年1月11日


コンタクトセンター

スクリプト - ブリッジ先データソースへのデータ照会アクションのサポート

新たなブリッジアクションをスクリプト内でサポート開始します。これにより、CRMシステムやDB等の外部システムへブリッジサーバ経由でデータ照会を行い、その結果をスクリプト内に表示する等の運用が可能となります。詳細については、Look up data from a bridged data source をご覧下さい。

キャンペーン単位での使用回線チャネル数の制御

アウトバウンド架電キャンペーン単位で回線チャネル数の上限を設けることが可能となりました。プレビュー架電以外の全ての架電モードで、この上限設定内で架電を行うようになります。詳細については、Create a new campaign をご覧下さい。

IVRフロー設計ツールArchitectにおけるノルウェイ語・標準中国語のサポート

IVRフロー設計ツールArchitectにおけるノルウェイ語(nb-NO)及び標準中国語(zh-CN)のサポートを、IVRプロンプトのコア部分に対して開始します。コア部分とは、真偽・日時・数値・継続時間・文字列といったデータ型の値に関する録音プロンプトを指します。これらでカバーされていない日時範囲、序数等のデータ型については、将来リリース更新でのサポートを予定しています。詳細については、PureCloud supported languages をご覧下さい。