2017年1月18日


プラットフォーム

管理画面の操作感向上

PureCloudの管理画面をメニュー形式から刷新しました。 従来メニュー形式だったのを、ランディングページ形式に刷新したことで、必要な管理を行うための画面操作を少なめのマウスクリック数で行っていただけるようにしました。場合によっては、折り畳み可能な領域にアドバイス的な内容が表示されることもあります。(契約レベルや有効化されている機能にも依ります。)

PureCloud Community ポータル

PureCloud Communityポータルを提供開始致します。他のユーザとQ&Aや情報交換を通して、よりPureCloudについて理解を深めていただければと思います。(ジェネシス社員も時に参加させていただきます。) community.mypurecloud.com にログインしてご利用下さい。

Communicate

番号ポータビリティーに係る発注状況の管理機能 (※PureCloud Voice関連の機能のため日本には当座該当しません)

PureCloud Voiceサービスの管理者は、番号ポータビリティーに関する発注状況を確認したり、有効化の日程を編集したりすることが可能となりました。詳細については、Manage numbers をご覧下さい。

コンタクトセンター

役割関係の管理に新規権限が必要となりました

役割データの設定を行う管理者は、今後は役割データ設定(追加/削除/編集/表示)を行うための権限を持つ必要があります。新たな権限「authorization>role>{追加/削除/編集/表示}」(あるいはその日本語訳版)は、従来の「role_manager」権限を置き換えるものとなります。従って、従来の「role_manager」権限を参照していた役割(例:AdminあるいはMaster Admin)は新たな権限を持つように対処してあります。詳細については、Products, roles, and permissions list をご覧下さい。

統合

PureCloud for Chrome 連携オプションの提供

Chromeブラウザの拡張機能を利用した、業務アプリケーションとPureCloudの連携モジュールを提供開始致します。(業務アプリケーションがChromeブラウザで動作している事が要件となります。) 標準PureCloudクライアントの全ての機能が利用可能となる訳では必ずしもありませんが、インタラクションの制御、スクリーンポップ、クリックダイヤル、WebRTCソフトフォン利用、等を行うことができますので、多くのお客様のニーズを満たすものと考えております。 このブラウザ拡張機能部分ですが、コンパクトな画面に仕上げており、業務アプリ本体を邪魔しないように並行利用いただだけます。詳細については、About PureCloud for Chrome (administrators) 及び About PureCloud for Chrome (agents) をご覧下さい。